ポータブルハイレゾDAC iFI nano iDSD

Posted on by 0 comment

iPhone(iOS)、Windows PC、Macintosh(MacOSX)のどれでも使えて、コスパの良い D/A Converter(DAC)は、現時点では 英国は iFi というブランドの nano iDSD というポータブルヘッドフォンアンプ(ポタアン)+ DAC だろう。2013年末に発売されたが、品薄で中々買えない状態がしばらく続いていた。2004年春に、ようやく普通に買えるようになってゲット。

iFi nano iDSD

iFi nano iDSD

nano iDSD は、

  1. PCM では 16bit ~ 32 bit の量子化ビット数に対応。44.1KHz ~ 384KHz のサンプリング周波数に対応。
  2. DSD では、2.8MHz ~ 6.2MHz のサンプリング周波数に対応(ファームウェアアップデートで 12.4MHz まで拡張)。
  3. DXD では、353.8KHz、384KHz のサンプリング周波数に対応。

と、2万円代中頃の価格帯のハイレゾ DAC の中でも(それ以上の価格帯製品に比べても)、非常に広いフォーマット対応力がある。

また、バッテリー内蔵で外部電源の影響を受けにくいピュアな再生が可能。実際に大きさ・重さからは想像できない良い音で鳴る。

詳しく書くと、、、

動作中のサンプリング周波数は、LEDランプの色でわかる。このクラスのDACでは、サンプリング周波数のインジケーターが省かれているものもあるが、それだと本当にハイレゾ音源をデコードしているのか分からないという罠があるが、そのような心配はない。

iFi nano iDSD のサンプリング周波数インジケータの色

PCM CD系列 PCM DVD系列 DSD SACD系列 DSD ?系列
44.1 KHz 48 KHz 2.8MHz 3.1 MHz
88.2 KHz 96 KHz 5.6MHz 6.2 MHz
176.4 KHz 192 KHz
352.8 KHz 384 KHz

もともと iPhone / iPad で手軽にハイレゾ再生したいと思って探していたのだが、2014年の前半では iOS で DSD も含めて再生可能と明言されているポータブルなハイレゾDACは殆ど無かった。2014年後半に色々出てきたが、今でも十分イケてるDACだ。

Apple iPad Camera Connection Kit 経由で繋ぐ

Apple iPad Camera Connection Kit 経由で繋ぐ

iPhone / iPad でハイレゾ再生するには、Apple iPad Camera Connection Kit (iPhone5以降は ライトニング用)が必要。これを iPhone / iPad の ライトニングコネクタ(iPhone5~) / Dock コネクタポート(~iPhone5)に刺してUSBケーブルで nano iDSD とつなげる。

そして、iPhone / iPad でハイレゾ再生するには、ONKYO の HF Player を使うと良い。アプリ内課金で 1,000円 払うとハイレゾ音源を再生できるようになる。

ハイレゾ専用機を買う必要は無い。とっても安上がり。

iPhone / iPad でハイレゾ再生する際に気を付ける必要があるのは、nano iDSD の電源を入れる順番。

  1. USBケーブル、Camera Connection Kit等ケーブル類を nano iDSD 側に接続。
  2. nano iDSD の電源を入れる
  3. Camera Connection Kit をi Phone/ iPad のライトニングコネクタに刺す
  4. Onkyo HF Player のボリュームレベルのスライダーが消えればOK

この順番通りにやってもうまくいかない時は、もう一度やり直す。この部分がちょっと面倒と言えば面倒。内部バッテリーを使うか / 使わないかは物理スイッチにしてあった方が、使い勝手は良かったように思う。電源切り忘れによるバッテリー上がりを防ぐための親切設計なのだろうけど。。。

Windowsの場合

Windowsの場合

Windowsでハイレゾ再生する場合は、foobar2000 というフリーソフトといくつかのプラグインドライバーを入れるだけで再生できるので、さらにお手軽。但し、ドライバーのインストール等は、初めてだとちょっと面倒かもしれない。

Macintosh の場合は、Audirvana Plus 等の有料ソフト(74ドル)を使うと簡単に再生できる。残念ながら iTunes は ALAC しかハイレゾファイルを受け付けないので、ハイレゾ再生用途では(そのままでは事実上)使えない。

それぞれの環境ごとの設定方法を次の記事から、できるだけ分かり易くご紹介。

Category: オーディオ機器 | Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA