Tag Archives: DAC

MacOSX + iFi nano iDSD でハイレゾ再生

Posted on by 0 comment

次は MacOSX でハイレゾ再生してみた。

MacOSX では foobar2000 のようなフリーウェアが無いようなので、市販のソフトを使う。その中でも比較的安価(74ドル)なのが「Audirvana plus 2.0」だ。

Install Audirvana Plus

Install Audirvana Plus

インストールは極めて簡単。ただ、初期設定ではDSDのハイレゾファイルをDACが対応している最高bit数&最高サンプリング周波数のPCMに変換して出力する設定になっているので、DSDネイティブで再生するには若干の設定が必要。

Play DSD by converting to PCM

Play DSD by converting to PCM

設定方法は…

Continue reading

Category: ソフトウェア | Tags: , ,

iFi nano iDSD のファームウェアアップデート

Posted on by 0 comment

去年の後半は忙しくて、落ち着いて音楽を聞いているひまがなかったので、今年の正月休みに iFi nano iDSD のファームウェアアップデートをした。nano iDSD を真面目にいじりだしたのもそれからだ。

ファームウェアのアップデートは Windows からしか出来ないらしいのだが、プチ苦労したので、備忘録として残しておく。

最近 iFi の代理店のサイトのダウンロードページにある説明を見直したところ、他でも同様の不具合があるようだった。

どのような不具合かと言うと、、、

Continue reading

Category: オーディオ機器 | Tags: ,

iOS + Onkyo HF Player でお手軽ハイレゾ再生

Posted on by 0 comment

iFi nano iDSD で最初にやったのが、iPhone / iPad でのハイレゾ再生。

iOS ディバイスでのハイレゾ再生に必要なものは、

  1. iPhone / iPad 等の iOS ディバイス。iOS7 以上が望ましい。
  2. Apple iPad Camera Connection Kit(ライトニングコネクタ用、Dockコネクタ用)
  3. Onkyo HF Player
  4. iOS ディバイス上の HF Player にハイレゾデータを入れるためのPC/Mac。
  5. ハイレゾ対応 DAC(iFi nano iDSD 等)

だけだ。

ハイレゾ対応 DAC 無しでもハイレゾ音源を再生する事はできるが、その場合はダウンコンバートして再生しているので、ハイレゾの意味が無い。要注意。

Onkyo HF Player

Onkyo HF Player

詳しく書くと、

Continue reading

ポータブルハイレゾDAC iFI nano iDSD

Posted on by 0 comment

iPhone(iOS)、Windows PC、Macintosh(MacOSX)のどれでも使えて、コスパの良い D/A Converter(DAC)は、現時点では 英国は iFi というブランドの nano iDSD というポータブルヘッドフォンアンプ(ポタアン)+ DAC だろう。2013年末に発売されたが、品薄で中々買えない状態がしばらく続いていた。2004年春に、ようやく普通に買えるようになってゲット。

iFi nano iDSD

iFi nano iDSD

nano iDSD は、

  1. PCM では 16bit ~ 32 bit の量子化ビット数に対応。44.1KHz ~ 384KHz のサンプリング周波数に対応。
  2. DSD では、2.8MHz ~ 6.2MHz のサンプリング周波数に対応(ファームウェアアップデートで 12.4MHz まで拡張)。
  3. DXD では、353.8KHz、384KHz のサンプリング周波数に対応。

と、2万円代中頃の価格帯のハイレゾ DAC の中でも(それ以上の価格帯製品に比べても)、非常に広いフォーマット対応力がある。

また、バッテリー内蔵で外部電源の影響を受けにくいピュアな再生が可能。実際に大きさ・重さからは想像できない良い音で鳴る。

詳しく書くと、、、

Continue reading

Category: オーディオ機器 | Tags: ,

ハイレゾ音楽のファイルフォーマットについて

Posted on by 0 comment

ハイレゾフォーマットについて、一般的な音楽ファンが覚えておいた方が良い事だけまとめる。

要約すると、

  1. ハイレゾはフォーマットが乱立しているが、以下のフォーマットを抑えれば良い
  2. 一般的なのは、マルチビット(PCM)系の WAV、FLAC、ALAC 96KHz/24bit。96KHzの部分はそれより数値が低くてもあまり神経質にならなくてもOK
  3. マルチビット(PCM)系の中にもファイルの保存形式がいくつかある。
    WAV が一番高音質だが、使い勝手が良くないので、FLAC がベストバランス。
  4. 現在、高音質で使い勝手の良い音楽が配信されているのは、1ビット系 DSD フォーマットのもの。
  5. ハイレゾオーディオの再生装置を買う場合は、DSD を再生できるものを買うべし

どういう事かと言うと、、、

Continue reading

音楽再生にとって、ハイレゾとは?

Posted on by 0 comment

自分のブログで、ハイレゾ関連の来訪者が多いようなので、独立させた。ハイレゾに目覚めたのは昨年春だが、情報が錯そうしていて、理解するのに手間が掛かった。おいらのブログにたどり着く人の大半もそうなのでは?と思うので、そういう方向けに出来るだけ分かり易く整理しようと思う。ハイレゾの魅力は手軽に良い音を楽しめるところにある事が段々分かって来たのだけれど、世の中にはヤヤコシイ話が溢れていて、分かり難い事この上ない。

書き出すと長くなるので、要約すると、

  1. ハイレゾは、CDより高音質な録音・再生の規格
  2. ハイレゾにすると、より高音質で音楽を楽しめる
  3. 但し、オーディオ装置で主に音質を決めている要素は、ハイレゾか否かでは無い
  4. ハイレゾは、手軽に高音質を得る1つの手段で、上手に付き合えば、音楽をより楽しむ事ができる

どういう事かと言うと、、、

Continue reading

Category: ハイレゾについて | Tags: ,