Tag Archives: Format

ポータブルハイレゾDAC iFI nano iDSD

Posted on by 0 comment

iPhone(iOS)、Windows PC、Macintosh(MacOSX)のどれでも使えて、コスパの良い D/A Converter(DAC)は、現時点では 英国は iFi というブランドの nano iDSD というポータブルヘッドフォンアンプ(ポタアン)+ DAC だろう。2013年末に発売されたが、品薄で中々買えない状態がしばらく続いていた。2004年春に、ようやく普通に買えるようになってゲット。

iFi nano iDSD

iFi nano iDSD

nano iDSD は、

  1. PCM では 16bit ~ 32 bit の量子化ビット数に対応。44.1KHz ~ 384KHz のサンプリング周波数に対応。
  2. DSD では、2.8MHz ~ 6.2MHz のサンプリング周波数に対応(ファームウェアアップデートで 12.4MHz まで拡張)。
  3. DXD では、353.8KHz、384KHz のサンプリング周波数に対応。

と、2万円代中頃の価格帯のハイレゾ DAC の中でも(それ以上の価格帯製品に比べても)、非常に広いフォーマット対応力がある。

また、バッテリー内蔵で外部電源の影響を受けにくいピュアな再生が可能。実際に大きさ・重さからは想像できない良い音で鳴る。

詳しく書くと、、、

Continue reading

Category: オーディオ機器 | Tags: ,

ハイレゾ音楽のファイルフォーマットについて

Posted on by 0 comment

ハイレゾフォーマットについて、一般的な音楽ファンが覚えておいた方が良い事だけまとめる。

要約すると、

  1. ハイレゾはフォーマットが乱立しているが、以下のフォーマットを抑えれば良い
  2. 一般的なのは、マルチビット(PCM)系の WAV、FLAC、ALAC 96KHz/24bit。96KHzの部分はそれより数値が低くてもあまり神経質にならなくてもOK
  3. マルチビット(PCM)系の中にもファイルの保存形式がいくつかある。
    WAV が一番高音質だが、使い勝手が良くないので、FLAC がベストバランス。
  4. 現在、高音質で使い勝手の良い音楽が配信されているのは、1ビット系 DSD フォーマットのもの。
  5. ハイレゾオーディオの再生装置を買う場合は、DSD を再生できるものを買うべし

どういう事かと言うと、、、

Continue reading