音楽再生にとって、ハイレゾとは?

Posted on by 0 comment

自分のブログで、ハイレゾ関連の来訪者が多いようなので、独立させた。ハイレゾに目覚めたのは昨年春だが、情報が錯そうしていて、理解するのに手間が掛かった。おいらのブログにたどり着く人の大半もそうなのでは?と思うので、そういう方向けに出来るだけ分かり易く整理しようと思う。ハイレゾの魅力は手軽に良い音を楽しめるところにある事が段々分かって来たのだけれど、世の中にはヤヤコシイ話が溢れていて、分かり難い事この上ない。

書き出すと長くなるので、要約すると、

  1. ハイレゾは、CDより高音質な録音・再生の規格
  2. ハイレゾにすると、より高音質で音楽を楽しめる
  3. 但し、オーディオ装置で主に音質を決めている要素は、ハイレゾか否かでは無い
  4. ハイレゾは、手軽に高音質を得る1つの手段で、上手に付き合えば、音楽をより楽しむ事ができる

どういう事かと言うと、、、

ハイレゾとは、「CDスペックを超えるオーディオフォーマット」の事を指している。CDスペックを超えるオーディオフォーマット(SACD、DVD-Audio等)はいくつかあったのだが、専用の再生機器が必要だったので、一部マニア受けしただけで一般化はしなかった。普通に音楽を楽しむのであればCDで十分だったからだ。これは今でもそうだと思う。

なぜかと言うと、殆どの音楽はそんなに高音質で録音されていないから、CDフォーマットで十分だからだ。特にメジャーなポピュラー音楽はそうだ。アナログ最後のLP時代でも、ポップスやロックでは良い音のものは少なかったし、CDになってからもそれは変わらなかった。

アナログオーディオは、コストが音質にほぼ正比例して反映されるので、お金を払った分良い音になった。それで数十万クラスの比較的コストパフォーマンスの良いオーディオが、CDが出るまでは男の子の趣味として非常に盛り上がっていた。

しかし、CDの導入でデジタル化した時に、ローエンドのラジカセやミニコンポの音質がグンと向上したのを覚えている。

オーディオ装置で一番音質に影響するには、物理的なトランデューサー(transducer:変換器)だ。

  1. 音楽を再生する時に、演奏家が奏でる音(空気振動)をマイク(トランデューサー1)で電気信号に変換したものを記録し、何らかの方法でユーザーに配布する。この配布方法として、アナログ時代は主にビニール製レコードが使われた。
    他にも一般には(カセット)テープが使われていたが、これは磁気記録を微弱な電気信号に変換する装置という意味では、同類。
  2. このレコードを再生するために、レコードに刻まれた溝の凸凹を、針付発電装置(レコード針付カートリッジ=トランデューサー2)で微弱な電気信号に変換。
  3. この電気信号をアンプで増幅して、スピーカー(トランデューサー3)で空気振動として別の空間に再現した。

この3つが一番影響力が大きかった。ユーザーがいじれるは[2]と[3]だけ。どちらも費用が音質に直結していたので、安いオーディオ装置はプアな音しかしなかった。

簡単に図示化するとこうなる。

アナログオーディオの構成図

アナログオーディオの構成図

CD化で変わったのはトランデューサー[2]の部分がデジタル化された事。ここが低コストな製品でもそこそこ良い音楽信号を取り出せるようになったので、音質レベルの平準化が起こった。その影響を一番受けたのが、小型で安価なオーディオ装置(ラジカセやミニコンポ)。これらの音質が劇的に改善した。

CDデジタルオーディオの構成図

CDデジタルオーディオの構成図

その結果、オーディオはコストのかけ具合に音質向上が比例しなくなり、ユーザー層が超高価なハイエンドと、一般向けローエンドに両極分解。マーケットとして一番熱かった中間層のファンの行き場が無くなってしまった。そして、オーディオはニッチになってしまったのだ。

CDも出始めの頃は、音がキンキンするとか、高音(20KHz以上)がカットされているから不自然だとか言われていたが、その大部分はデジタル信号の処理がヘタだったり、アナログ部分の性能不足が原因だったようで、そのうちにこなれてきて誰もそのような事は言わなくなった。

しかし最近になって、なぜ急にハイレゾが話題になっているのかと言えば、オーディオ機器メーカーのマーケティングだ。Apple の iTunes Music Store で一機に普及したPC/スマホ・オーディオの世界で、中間層を取り戻すべく始まったキャンペーンが、「ハイレゾ」ブームの実態だと思う。そのターゲットは、おいらだ(笑)。

ハイレゾオーディオで変わったのは、音楽データの配布方法だけ。元々音楽を再生する装置を持っている人がハイレゾ音楽を楽しむには、大した投資は要らない。CDプレーヤーの代わりになるものを揃えれば良いだけ。

ハイレゾ・デジタルオーディオの構成図

ハイレゾ・デジタルオーディオの構成図

ところが、規格が乱立してしまいカオスになっているのが問題。おいらも最初は何が何だか訳が分からなかった。

続く

Category: ハイレゾについて | Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA